住人の権威の職場について受講をしていました

一般人の権威について学習しました。憲法は、一般人自治の規定にもとづき、地方公共団体の首長・議会の議員の公選を定めています。また、1つの地方公共団体のみに適用されるカリスマ法(広島賑やか思い出都会建設法、長崎インターナショナル文化都会建設法など)の形成には、一般人投票(レファレンダム)でその大方の承認が必要であることを定めています。一段と、各地自治法では一般人が直要望こなせる権威(直要望特権)が定められています。こういう実家、法律の形成や改廃を請求する権威は一般人申し入れ(イニシアティブ)であり、首長・議員などの解職や議会の解散を請求する権威は一般人解職(回収)だ。そのほか、経理や事務の監査要望も認められているそうです。最近では、一般人投票法律による一般人投票が各所でおこなわれるようになりました。一般人の狙いを各地の地方自治体に形成させる有効な手段であり、中学校やハイスクールの投票を認めている地方公共団体もあるそうです。知らない言葉ばかりだったので勉強になりました。