大きくなってからのほうが注射恐くなりそう

子どもが小さい頃は、予防接種で年に数回注射を打つ機会があったものです。
うちの子は不思議とあまり注射を恐がらなかったので、予防接種は楽でした。
そんな子ですが、小学生になってからはだんだん注射を打つ機会も減ってきて・・・。
高学年になってから1度だけ、多分風疹かなんかの追加接種でしょうか、予防接種を受けるようにと連絡が来たので病院に行ったところ・・・。
久々だったせいか、余計な知識がいろいろ入ったからか、小さい頃よりも注射を恐がるようになってしまってちょっと大変だったんです。
小さい頃から注射ギャン泣きする子も多いですが、それはきっと想像力豊かな子達なんでしょうね。
だって、普通はそんな小さいうちは注射が恐いものだって知らないじゃないですか。
今の医者や看護師の人達は注射打つのもうまいので、あまり痛くないですし。
でも大きくなってくると、お話とかTVとかで、注射痛い恐いというイメージを植え付けられてくるので、恐怖心が芽生えてしまうのでしょうね。粉末青汁 販売店