地震断層や地震帯などについて学校しました

地震について勉強しました。地震断層は、過去にくり返し地震を起こしていることが多いです。第四紀に活動し、今後も活動すると思える断層を活断層といいます。活断層は、大きな地震がくり返し起こった住所であり、活断層による土の上下のくい違いが積み重なると、大きな高度格差となって地形に現れます。大クラスな活断層は直線状のものが多いので、その機能でできた地形も直線状の境界を示すことが多いです。震源ではP波とS波が共々発生しますが、P波のほうが短く分かるので先に到着します。P波ゴールからS波ゴールまでの時をP-S時(デフォルト微動堅持時)、その間のP波だけの地震動をデフォルト微動といいます。震源までのキロが遠いほどP-S時が長いだ。震源キロに関するランクを大森格好といいます。地震は地球上の特定の地域に集中して起こっていることがわかります。震央が林立し帯状に連なって言える地帯を地震帯といいます。地震帯の多くは、プレートの境界に位置しています。思い切り勉強しました。http://www.blueknightseminars.com/