春を間近に控えた今の時期が一番忍耐が必要かも知れない

昨日の昼頃までは春の陽気だったのに、夕方から本降りの雨が降ってからは気温も一気に下がり、また冬に逆戻りしてしまいました。そんな調子で今朝は本当に寒い朝でした。
春を目前に控えたこの時期は暖かくなったり、寒くなったりの繰り返しで寒暖の差の激しさに戸惑う時期ではあります。分かってはいるけど、早く暖かくなって欲しいのに、なかなか順調には春は来てくれないというもどかしさを例年感じます。
しかも寒暖の差による体調管理の難しさの他にも、花粉による鼻や目に対する辛い症状も追い打ちを掛けてきます。私も軽い花粉症なのですが、去年は初めて目にも症状が現れて結構辛い思いをしました。今年は大した症状が出ないまま花粉の時期がそのまま終わって欲しいと密かに願っています。
そんな感じで2月下旬から3月一杯までは、もどかしい思いと辛い思いを両方抱きながら春の到来を心待ちにしています。何だかんだであと1ヶ月位の辛抱なので、何とか持ち堪えられそうです。

今日は、パソコンショップの中古パソコンの価格設定を偵察に行きました。

私は、ハード系のリサイクルショップで働いています。
本業がシステムエンジニアという事で、パソコンを担当しています。
今日は、近くにあるパソコンショップの中古パソコン価格を偵察に行きました。
中古価格は、いろんな算出方法があるのですが、最終的には価値観で変わって
来ます。
この価格という価格をつけるのは、難しいのでメーカーとスペックと商品棚
のバランスから算出します。
私は、この中古価格の設定で、いつも悩まされます。
中古価格は未知の価格なので、適正は正直ありません。
正直、こんあなものか?くらいで商品棚に並べて様子を見ます。
後は、お客さんがその価値観にどう思うかです。
インターネットなので、ある程度は出せましが、古い情報も正直、あります。
でも、この価格付けがどうどうでるかというギャンブル的な要素もあります。
私は、パソコンが売れたら、その価値観がい客さんと同じという事になります。
この感覚がこのショップの面白さともいえます。
後は、勉強になります。
パソコンに歴史を辿っていくので、面白い仕事だと思います。