物語の戦闘マシーンの反撃などの話などをします

さすがに、何発かしゅじんこうが、蹴りを、連続で打ち込んでは、みても、壁にまで、追い込むことまでは、出来ずに、戦闘マシーンの反撃となります。右と左のすごく小刻みで、やたらに回数の多い連続ジャブからのストレートパンチという攻撃の流れです。その小刻みでやたらに、回数の多い右と左のジャブは、立ち位置を、移動する事で、簡単に、よけることが、できたのですが、その後のストレートパンチを、まともに、受けてしまいます。思わず、主人公は、くっこれは、かなり効いたぜと、そのストレートパンチを、食らった直後に、言います。しかもちょっとぶっとんでるし、ちきしょーこんなんじゃ、こっちが、壁に追い込まれてしまうかもしれない、追い込もうとしている方なのにと、思うのです。そこから、主人公の、渾身の意を込めての、少しための時間を、事前に、用い、ストレートパンチからの、右フックの2連で、ようやくその巨大な戦闘マシーンを倒します。湘南美容外科 脱毛 お試し