人は自分が思っているよりも多くの場合能力は高くないのです

人は自分が思っているよりも多くの場合能力は高くないのです。
ですが、実際には能力が低いにもかかわらず様々なことをやり、自分の能力以上のことが少しずつですができるようになることもあるのです。もちろん、そのようなことはあることにはあるのですが、それはその分野にその人の才能があってそれが開花しただけということもできます。
しかし、このような反論をする人がいるかもしれません。それはスポーツの才能がない人がスポーツをしても全く上達しないという反論です。しかし、この認識はそれは誤りです。
なぜならば、スポーツが苦手な人というのは苦手だからスポーツをしてこなかったのですが、そのような人でもスポーツをすればその人がスポーツを全くしない時よりも上達するのです。
つまり、伸びしろは確かに少ないのかもしれませんが、それでもやらないよりはやったほうが上達はするのです。この上達というのは他人から見れば、全く進歩していないように見えるのかもしれませんが、本人から見ると少しは進歩しているという実感はあるのです。キレイモ 支払い方法